NEWS&REPORTS

目標制度 5つの要点

  1. 経営計画発表会を行うなど、全社目標を明確にする
  2. 若手社員に対して研修や上司との意思疎通などを通じて、個人の自己実現と会社における目標達成の関係を理解させる
  3. 管理職に、業務や経営会議等を通して、その意義を理解させる
  4. 必要に応じて評価制度を改善する
  5. 結果が直ぐに分かる仕組みを構築する




Index

More from the site

  • 社員のモチベーション/エンゲージメントを高める4つの要点社員のモチベーション/エンゲージメントを高める4つの要点 「組織成立の為の3条件」「ホーソン実験」「職務充実&職務拡大」「MBO」等、経営者が知っておいて損はない社員のモチベーション・責任感に関する理論を下記にまとめた。環境や報酬とモチベーション・責任感の関係、組織目標と個人目標の関係を改め整理すると、組織と個人について新しい視点が得られる。 結論 議題 視点 […]
  • 総務・管理部門、システム部門の目標設定: 目標制度 運用方法総務・管理部門、システム部門の目標設定: 目標制度 運用方法 管理部門の業務は多岐に渡りますが、 まずは営業部門や製造部門といった直接部門が事業を遂行するに当たり、 必要な経営資源を調達するということを考えます。 つまり、ヒト・モノ・カネを用意するわけです。「ヒト・モノ・カネ」は経営資源の3要素とも呼ばれます。 この3つに加えて管理部門の業務として情報とリスクを考えることもあります。 ヒト ・・・ […]
  • 社員エンゲージメントを上げる本質的な方法: C.アージリス 職務充実、職務拡大社員エンゲージメントを上げる本質的な方法: C.アージリス 職務充実、職務拡大 結論から書いてしまいますが、社員のエンゲージメントを上げる本質的な方法は、権限移譲と人事異動しかありません。こういうと「なるほど」と思う方もいらっしゃれば、「そんな筈はない」という方もいらっしゃるでしょう。権限委譲と人事異動といったのは、C. アージリスという経営学者です。因みに権限移譲と社員エンゲージメントの関係を最初に行ったのはハーズバークという経営学者です […]
  • 【悪用厳禁】ブラック企業が成り立つ訳は?:動機づけ要因・衛生要因【悪用厳禁】ブラック企業が成り立つ訳は?:動機づけ要因・衛生要因 最近、話題になっているブラック企業、乱暴な言い方をすれば、嫌なら辞めてしまえば良いように思います。劣悪な労働環境でも社員のモチベーション/エンゲージメント/責任感は下がらないのでしょうか。社員のモチベーション/エンゲージメント/責任感が下がり、社員が皆辞めてしまったら事業として成り立たない筈ですので、ここまで話題になっているのも不思議な話です。 F.ハーズバーグ(F […]
  • 営業戦略の立て方営業戦略の立て方 営業戦略は、深耕営業、新商品、新規開拓、新事業の4つに分けられる。また、戦略の立案に当たっては、顧客毎の分析を元に具体策を立案する。本稿では顧客毎の分析手法である売上方程式の考え方と、合わせて顧客分析・戦略立案の事例を紹介する。 戦略の全体図を俯瞰する アンゾフの成長ベクトル 営業の個別戦略には色々あるが、まずは全体を俯瞰したい。ここで良く使われるフレー […]
  • 【部署方針・部署目標設定】の手引き: 管理職のための目標制度 目標制度運用方法【部署方針・部署目標設定】の手引き: 管理職のための目標制度 目標制度運用方法 全社的な目標から社員個人への目標へ落とし込んでいく一般的な方法は以下の通りです。 経営理念の確立 会社のコンセプトを言語化し、複数の人で共有できるようにします。 何のために働くのかという組織目的が明確になっていることが 複数の人が集まって仕事をするためには重要です。 […]
NEWS一覧